将来の道が開かれる|ビギナーからプロの道へ「ネイルスクールで高める技術」

将来の道が開かれる

ネイルアート

求人情報が多い

東京のネイルスクールは、就職難を防ぐために多くの求人を用意しています。ですから細かい希望を伝えるだけで自分にマッチした情報をゲットできるのです。

独立するならサポートが必要

サロンではなく、自分でお店を開きたいとなった時に心強いのが独立を支援するサポートです。また、面接の練習では、試験内容や受け答えのアドバイスを一人ひとりに合わせて行ない、共に合格を目指します。

業界を経験してみる

働く場所がどういった雰囲気なのか、求人情報でははっきりとわかりません。東京のネイルスクールでは、実際に職場を体験出来るサービスを提供しているので人との接し方や技術レベルを間近で見ることができます。

二つの働き方を比較してみた

福祉ネイリスト

最近需要を伸ばしているのが福祉ネイリストです。日本は現在高齢化社会に伴い介護業界も忙しい毎日を送っています。そんな中で癒やしとなっているのが福祉ネイリストの存在です。一般のネイリストとの大きな違いは体が不自由な人や、介助を要する入居者の爪を出張サービスにてケアすることです。ですからネイルだけに囚われず介護のことも理解しておく必要があります。

一般のネイリスト

卒業後の就職先は、サロン、講師、ホームサロン、美容室と様々。フリーで働けば誰の事も気にせず仕事ができます。他にも、ネイルスクールの講師に憧れて目指す人もおり、夢はかなり膨らみます。

向いている人

細かい作業が好き。または苦ではない

狭い範囲に装飾をする場合、細かい作業になるので手先の器用さはもちろん、集中力がある人はこの仕事に向いているといえます。

流行りに敏感な人

ネイル業界は常に変化が伴うので、流行りに敏感な人ほど適正度が上がります。また、流行りを取り入れたネイルができると尚いいですね。ただ、格好やイベントに合わせる必要も出てくるのでセンスも求められます。

学ぶことが好き

スクールを卒業し、ネイリストになったとしてもそこで終わりではありません。この後も、新しいネイルを自分で勉強したり、技術を磨いたり等忙しくなります。このような努力を怠らない人ほど、業界に向いています。

新しいものを生み出すのが好きな人

好奇心旺盛で、誰も考えつかないことを形にする人は、ネイル業界で重宝されます。海外の方は奇抜なデザインに惹かれる部分があるので、発想力があると尚いいでしょう。

広告募集中