資格の勉強|ビギナーからプロの道へ「ネイルスクールで高める技術」

資格の勉強

ネイル

試験の内容

主に見るのは、技術の高さとケアの前に必要な消毒衛生についてです。また、爪の他に皮膚や人体の仕組みについても試験に出ますよ。加えて病気のことについて勉強をしておけば、試験対策OKです。

トップを狙うなら1級を受講しよう

世界的に有名なネイリストの殆どは、1級の資格を持っています。この試験では、トップに相応しい知識を持っているか、ケアやカラーリングの技術はあるかなどをチェックします。総合的な試験なので、ネイル専門学校にて勉強をしなければならないでしょう。

初級もある

ネイルの検定試験は、ネイルの基礎知識を全て修了していると受けられるものです。この時に求められるのは、サロンに関する専門知識と技術になります。またスカルプチュアの実技試験もあるので、初心者コースにてやり方を教わりましょう。

認定校と一般の学校

学費が非常に安い

認定校の場合は申請に必要な手続きがあるので経費が発生しますが、認定校ではないネイル専門学校はそれがないので、入学にかかるお金が少なくて済みます。学校の特徴としては、それぞれの色を活かしたスクールがあること、また、独自で使ったカリキュラムで勉強をするのでプロ向けや初心者向けと内容が別々になっていることです。

本格的に学ぶなら認定校

日本ネイリスト協会が認定したネイル専門学校は厳しい条件をクリアしているので、講師の実績やカリキュラムが内容の濃いものになっています。指導にムラが無く、プロになるために必要なことを丁寧に指導します。また、検定においては、上級者向けの受験が可能で、高みを目指す場所に最適だといえるでしょう。

やりがいのある仕事

お客さんの爪をキレイに磨いたり、自分で考案したデザインを施したりなど仕事としてもやりがいがあります。専門学校に通って良かったの声も沢山あるので迷っている人の背中を押してくれるでしょう。

ネイリストになって良かったこと

no.1

褒められた時

ネイリストになって一番の喜びとなるのが人に褒められることです。「素敵なデザインですね」「技術が高いですね」というような言葉は、モチベーションがとても上がるようです。

no.2

笑顔を見れた時

爪がきれいになると人は自然と笑顔になるものです。ネイリストも人を相手に商売をしますから時には嫌な事もあります。しかし、お客さんの笑顔をみたら全てチャラになってしまうのです。

no.3

入賞した時

自分の技術がどのくらいあるのかを知るには、コンテストへ参加する方が早いです。これで入賞したり、あるいは優勝をすれば自信に繋がりもっと頑張ろうという気になります。

no.4

人見知りが解消された

爪をいじる職業なので、人とのふれあいは必ずあります。極度の人見知りの場合、とても辛いものになりますが、殆どが人見知りを克服しています。そのお陰で会話が楽しくなり、仕事自体が好きになった方もいます。

no.5

資格を活かせた

立派なネイリストになるために資格を取得するという人がいますが、後に就職に役立ったという声もあります。レベルアップのための検定もあるので技術を伸ばせるという意見もあります。

広告募集中