資格の取り方|ビギナーからプロの道へ「ネイルスクールで高める技術」

仕事は沢山ある

メイク関連なら、一つに限らず沢山あります。資格の種類もいくつかありますから目指すものを決めて受けるといいでしょう。ランキングでは、目指すことが多い仕事を紹介しています。

人気がある仕事

no.1

メイクアップアーティスト

テレビで活躍する有名な俳優や女優を相手にメイクを施す人を指します。それ以外では、ヘアセットをしたりドレスや着物の着付けを行なったりします。芸能人と関われるという理由で大変人気がある仕事です。その人をどのように美しくするかを一番に考えるので、メイクの基本技術等は習得しておくべきでしょう。

no.2

心理学が関わるメイクセラピー

主にコミュニケーションを中心とした仕事で、心理学を使ってメイクを施す療法の一つです。目的としては、マイナスな考えや思い込みをメイクと心理学でキレイに取り除いて頂き、新しい自分への変身させることです。近年はメイクセラピー専用の検定が登場しており、多くの方が受けています。

no.3

世界で活躍できる特殊メイク

特殊メイクで知名度の高い日本人も、海外の映画で力を発揮しています。また、普通のメイクと違い、特殊メイクの場合はシリコンや石膏を使って行なうので特殊な知識が必ず必要です。資格は業界で最大と言われるJMBメイクアップ検定が技術と知識の二つを習得するのに便利です。

no.4

化粧品の案内をする販売員

デパートの化粧品売り場を担当することが多い販売員の仕事は、販売されている化粧品を正しく使うためのアドバイスをすることです。化粧品に含まれる成分の特性や、悩みに応じた使い方をするための知識が求められます。この場合は、コスメコンセルジュの資格取得が望ましいでしょう。

no.5

技術が身につく美容インストラクター

化粧品の知識がもちろん、エステの技術を学ぶことも美容インストラクターには必要です。お客さんの悩みを聞く立場になりますから、メイクの知識を取得できる資格が有利です。さらに、美容業界で販売をした経験がある人も目指せる大変人気がある仕事です。

資格の取り方

メイク

専門学校に通って取得する

今なら、メイクの勉強をしながら資格が取れる専門学校がいくつもあるので手厚いサポートを受けながら頑張ることができます。将来的にメイク関連で幅広く活躍するなら美容全般が学べる学校がいいかもしれませんね。就職支援もありますし、卒業後早めに職へありつけます。

仕事をしながら試験勉強をする

すでにメイク業界で活躍している人は、専門学校へは行かず独学で勉強をした後資格を取っています。後は就職先でメイクの資格を取るための制度を設けている場合もありますから、そのような求人を探してみると良いでしょう。

取得にかかる期間

通学をしながら取得する場合半年で資格が取れます。通信講座だったら長くて1年から2年でしょか。認定試験は筆記と実技込で一万円ほど、メイクアップ検定は猛勉強すれば1年以内に取得可能です。ちなみに1級、2級、3級、4級とありそれぞれ料金が違います。

広告募集中